なぜ神奈川反町接骨院の施術で
					膝関節の痛みが改善されるのか

足
足もみ
初めての患者さまは、料金表と合わせてご覧ください
clipborde

階段の昇り降りで膝が痛い

運動中に膝が痛くなる

正座ができない

立ち上がろうとすると膝が痛む

朝起きた時に膝が痛む

体重をかけると痛い

など、神奈川反町接骨院はこのような症状の患者さんが来院されています。

膝は人が行動するとき、常には働く部位であります。ですので膝が痛むと何をしていても気になることも多いと思 います。その辛い膝痛も我慢せずにしっかり施術して、快適な生活を送りませんか?

膝痛とは

『歩くと膝が痛くて買い物に行くのもおっくうだ』
『足を曲げると膝が痛くて階段をのぼるのが辛くてしかたない…』

そんな膝痛に悩まされてはいませんか?

膝痛とは、加齢や怪我や肥満によって膝の軟骨や骨に負担がかかり、摩耗が進行して痛みを感じている状態です。

膝痛には大きく分けて5つの種類があります。

ひざ関節を捻って内(外)側の靱帯を伸ばしてしまったり切ってしまう、いわゆる「膝関節捻挫」。靱帯は関節を安定させるスジです。傷つけると痛みを伴うのはもちろんですが、関節の安定性が失われ二次的なケガや将来的に変形性膝関節症になりやすくなってしまいます。

歩き始めや長く歩いているうちにだんだん痛んでくるのが「変形性膝関節炎」で膝痛の割合としてはこの症状が最も多く、長い年月曲げ伸ばしを繰り返してきたひざ関節の軟骨がすり減ってくることによって起こります。初期の症状はこわばり、違和感、動きはじめのかすかな痛みなどです。しだいに階段の昇り降り(特に降り)での痛み、しゃがむ動作や正座ができないなど日常生活に支障が出てきます。比較的、高齢者に多い傾向にあります。

スポーツ選手等がジャンプやランニングなどを激しくくり返すことで、お皿の下にある膝蓋靱帯という部分やお皿の上の腱に負担を蓄積させ傷めてしまう「ジャンパー膝」。
初期症状は練習後の違和感や痛み。進行すると練習中に痛み出し、さらに進行すると日常生活中にも痛みが出てきてしまいます。

また階段をのぼるなど大きく膝を曲げたときに特に痛むのなら「膝蓋骨軟化症」、階段を降りるなど瞬間的に膝に負荷がかかったときに痛むのなら「半月板損傷」、が考えられます。

膝は、普通に歩いているだけでも体重の約3倍、階段等の昇降時は約4倍の負荷がかかっていると言われています。

ましてや骨盤がゆがんでいたり、O脚やX脚や外反母趾など歩き方や姿勢に悪影響を与えるような要因があったとしたら、 膝にかかる負荷はますます増えていく一方です。

膝痛の原因は、老化、筋力不足、肥満、スポーツによる過度な負担、偏平足、O脚、外反母趾、重労働、半月板の損傷、靭帯の損傷、骨折後の変形などがあります。膝の関節に炎症が発生して負担がかかってくると、膝の軟骨が痛み、骨も変形してくるので、さらに膝が痛み、関節の動きが悪くなります。膝の軟骨がすり減っていることが原因なので、膝の関節の隙間を空けていく施術をすることにより、痛みを緩和していきます。
膝痛に悩んでいるかたの多くは女性で、しかも40代以上のちょうどそれまでの生活習慣の無理が出始める年代となっています。 膝痛はある日突然出るものではなく、またその症状で固定されるわけでもなく、常に進行し続けています 。

また膝はスポーツによっても傷めやすい部分ですが、痛みがあり日に日に悪くなっているにもかかわらず不用心に練習を続けている子供たちが多いのも目立ちます。
無理を重ねた結果、修復が難しい組織まで傷め練習を長期にわたり休む羽目になるケースが少なくありません。ひざを痛めてしまっても完全に運動を中止しなければならない場合と、運動を続けながら様子を見ていい場合とがあります。しかし運動を続けるにしても今までと同じように続けたのでは悪化することの方が多くなるのは当たり前です。
練習の量や質を調節したり、患部を保護するサポーターやテーピング、練習後のアイシング等のメディカルケアが必要です。

膝痛の特徴

矢印
  • 階段の昇り降りの、特に降りる際に痛む
  • 膝に違和感・こわばりがある
  • 体重がかかると痛い
  • 膝に水がたまる
  • 膝が変形している

*腰痛の症状と併発して、このような症状が起こることがあります

矢印の下

腰までだんだんと痛くなってきた

太ももも痛い

なんか痺れる感じがする

かばうせいか歩き方がおかしい

膝痛改善の為のポイント

まずは体全体のバランスが大事になってきます。もしバランスが崩れていて片方に体重がかかるようになっていれば、 その膝には大きな負担がかかることになります。

例え一時的に膝がよくなったとしても、また大きな負担がかかっていくことで膝が痛くなるでしょう。ですのでまずは 全体のバランス、特に骨盤を中心に施術し、いい状態でバランスを安定させます。

そのことにより負荷は少なくなるので、その状態で自然治癒力が働くと治しやすくなるでしょう。

膝痛改善の為のポイント

骨盤は負担が大きくなるとゆがむことによって負担を減らそうとします。そのため負担が大きいとどんどん 体全体のバランスも狂うわけです。

骨盤がゆがんでいる状態というのは柔軟性が低下し、体が常に緊張状態にある状態です。その状態では うまく休めないですし、自然治癒力もうまく働くことができません。

当院の施術ではまずはこの骨盤を安定させることが重要になり、その状態でその他の小さなゆがみを施術し ていくことになります。

当院の施術

当院は、痛みのある場所だけを診るのではなく、全体の状態を観察した上で、痛みや苦痛の場所を施術していきます。一人ひとりの症状や、身体の状況は違いますので、お困りの症状、思い当たる原因などを、なるべく詳しくカウンセリングさせていただきます。痛みの原因・施術内容について納得のいくまでご説明させていただき、それぞれの症状に合わせて施術させていただきます。

背骨をゆがませるげんとは「内臓の疲労」「骨盤や背骨のゆがみ」「手足のゆがみ」この3つが主な原因になります。当院ではこの3つの原因をくまなくチェックし、確実にきゅせいします。
最も大切なことは、あなたの「早く良くなりたい」「治りたい」と思う気持ちです。
私たちは1人でも多くの患者さんをその辛さから解放させたいのです!!
施術料金完全保障制度を作りました。当院の施術に納得できなかったら、料金は全額返金致します。
神奈川反町接骨院は予約優先制です。当日予約も受け付けております。

神奈川反町接骨院はより新しく、確実な施術と最高のサービスを患者様に提供します。
診療案内カレンダー

神奈川反町接骨院
インフォメーション
ビットストリート
アクセス
所在地

所在地

〒221-0825

神奈川県横浜市神奈川区反町2-14-4

パークショア横浜1F

アクセス

アクセス

東急東横線 反町駅から徒歩3分
市営地下鉄 三ツ沢下町駅から徒歩5分
JR 東神奈川駅から徒歩8分
京急 仲木戸駅から徒歩8分

受付時間

受付時間

平 日  午前 7:30~11:00

午後 15:00~19:00

土曜日  午前 8:00~12:00

定休日

定休日

不定休

電話番号

電話番号

045-479-7427